黒酢の全て

サプリメント専門ライターがご案内します。 ahnenproducciones.com

はじめに

kurozu

はじめまして。サプリメント専門ライターです。
今回はご縁があって黒酢に関する記事をまとめさせていただくことになりました。
いろいろとうれしい働きのある黒酢について、みなさんに分かりやすくお伝えできればと思っています。

サプリライター

[関連サイト] 黒酢のランキングサイト
[関連サイト] 青汁のランキングサイト
[関連サイト] サプリメントのランキングサイト


酢風呂&外用の世界

kurozu

黒酢の酸やアミノ酸が皮膚によいことが分かれば、黒酢を足湯だけにとどめておくのはもったいない話です。

風呂に黒酢を入れてしまえば、全身によい働きを及ぼしてくれるからです。酢風呂という方法です。

アトピー性皮脂炎や脳梗塞の後遺症など、全身性の病状に利用されることはもちろんですが、偏頭痛、肩こり、腰痛、神経痛、冷え性など、長年にわたってこじらせてしまった頑固な症状にもおすすめの療法です。

大量の発汗や血流促進、爽快さとともに、さまざまな新陳代謝や、ホルモン分泌、筋肉などにも好影響が考えられています。

また、サウナ的な意味合いでの愛用者も多く、ストレス解消に良い、身体の芯まで温まって布団1枚ちがう、安眠できるようになった、などの声も寄せられています。

また、黒酢のアミノ酸などが皮膚の健康を助けることは説明のとおりですから、傷口や皮膚病の患部などへ黒酢を塗布することもよく行なわれ、実際に良い結果をだしています。

捻挫などの炎症部には黒酢と小麦粉を練ったものでの冷湿布。

カゼなどで呼吸が苦しい場合は胸などへの温湿布、といった湿布への応用法もあります。

中国の学校などではカゼ予防に殺菌力のある湿気の吸入を意図して、黒酢を蒸し、室内を黒酢の蒸気で満たすといいます。

胸への温湿布には、この服入効果もあるでしょう。

その他ノドの痛みでのうがい、目や鼻の疾患での点眼や点鼻なども、洗浄や殺菌の意味で有益です。

ただし、刺激も強烈ですから、必ず水で薄めてご利用ください。

(続く)

サプリライター


足湯と黒酢

kurozu

全身の入浴ではなく、足だけを温めるのが足湯です。

健康的なことはもちろんですが、気持ちよさや手軽さもあって、テレビ番組で紹介されたり、温泉地にも足湯コーナーが設けられるようになってきました。

実はこの足湯、黒酢を使っておこなうとグンと効果が高まります。

足湯で温まった血液は、足から心臓へ、そして全身へと循環して、全身が効率よく温まります。

また、温めるのは足だけですから、心臓に問題のある方や体力の低下している方にも心配はありません。

この気安さや安全性も、人気の理由のひとつでしょう。

さらに足湯は、のぼせ、高血圧、肩こり、不眠といった、頭や上半身の熱感をともなう症状にも効果を発揮します。

ひそんでいる足の冷えを改善することで、全身のバランスを整えることができるからです。

まさに足湯は、「頭寒足熱」の実践版というわけです。

また、高温短時間の足湯では発汗効果が、低温長時間の足湯ではリラックス効果(自律神経安定)や高い血流改善効果が期待できます。

夏場のクーラー病や足のほてり感も、根本は冷えや発汗不足が原因ですから、足湯で解消することができます。

この他にも黒酢の足湯には、さまざまなプラスアルファが期待できます。代表的なのは、黒酢の酸が皮膚の酸性を応援してくれることです。

健康な皮膚は弱酸性になっていますが、これは外敵である細菌などから身体を守るためのものです。

またアトピー性皮膚炎や水虫などの皮膚疾患では、患部は弱酸性ではなく、アルカリ性になって皮膚機能が損なわれているといわれています。

黒酢の酸は、このアルカリを中和し、感染症を防ぐ方向で働いてくれます。

何日か足湯を続けていると黒酢が濁ってきますが、これは黒酢の中のアミノ酸による浸透作用や、排せつ促進作用により、からだの中の汚れたもの、老廃物が排せつされている証です。

排せつがすめば、今まで以上にきれいな肌にもどります。

このようにみてくると、足湯は広く応用できる健康法ということができます。

足湯は、季節に関係なく1年中おこないたい、簡単でスタンダードな健康法です。

(続く)

サプリライター

>>>黒酢香醋比較口コミランキング


酢漬けの世界

kurozu

5月から6月にかけて店頭に出回る青梅、主な品種としては、最も大きい実ですが梅干には不向きな「豊後」、大きくて果肉の品質も良い「白加賀」、種が小さく果肉の品質が良い「南高」、カリカリ漬けなどに使う小梅などがあります。

酢漬けに利用するには特に品種は選びませんが「南高」は香りがいいように感じます。

梅の酢漬けには梅とお酢と蜂蜜などの糖分を加えて作りますが、酢漬けに便利な、あらかじめ大麦黒酢に蜂蜜を加えたパーモントタイプの黒酢が売り出されています。

パーモントタイプの黒酢を使った酢漬けは、果肉の水分が蜂蜜の糖分で高濃度になっている黒酢の方の液体を薄めようとして果肉から黒酢に移動する、すなわち浸透圧の原理を利用しています。

いろんなフルーツ漬けにチャレンジしています。バナナやパイナップルリンゴやブドウやビワなど、中でも意外と香りの点で相性がいいのが柑橘類です。

変わったところでは生萎をスライスして黒酢パーモントに漬けておくと一週間くらいでいい香りのするちょっと大人向けの飲み物になります。

又、いろいろなハーブも出回っていますので、香りを楽しむのにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

パーモントタイプの黒酢漬けは面倒な手間を省いて、オリジナルな飲料が楽しみながらつくれるというのが魅力です。たくさんつくっておけば、ノドの渇く夏場の飲料としても、安心して召し上がれ、健康増進にも役立つという一石二鳥の飲料になります。

それでもやっぱりつくるのが面倒という方におすすめなのが、アセロラ入りのビネガーです。玄米黒酢と大麦黒酢にアセロラの果汁、蜂蜜、果糖、紫芋のポリフェノールを配合したコンクタイプで、飲みたいときに水で割ってそのままお飲みいただけるすぐれものの飲料です。

(続く)

サプリライター

>>>黒酢香醋比較口コミランキング


毎日の食卓に黒酢の料理。

kurozu

「黒酢は料理に向かないのでは?」という質問をよくいただきますが、そんなことはありません。

酢の物、酢煮、南蛮漬け、甘酢あん、酸味妙め、マリネ、ドレッシング、酸味スープ、鮨、酢味噌など、ふだんお酢を利用する料理ならば、ぜひ黒酢を使ってみてください。

あの独特の香りとコクで、より美味しくてへルシーな黒酢料理ができ上がります。

また、食卓に常に置いておいて、焼き魚や納豆にかけたり、味噌汁に入れたりするのも手軽な方法です。

あらかじめ醤油とまぜたものを用意しておくのもおすすめです。

黒酢を飲むのはちょっと苦手という方は、このようにまず料理で少しずつ使ってみるとよいでしょう。

黒酢を料理に使う効用は、ほんとうにたくさんあります。

-食欲増進効果
-消化吸収促進効果
-防腐、抗菌効果
-ビタミンCを壊さない効果

をはじめとして、塩分を減らす減塩効果、素材の色を美しく仕上げる効果、変色防止効果、魚の臭みをとる効果など。

食事の後には、季節の果物を漬けたサワードリンクやハーブドリンク、サワーゼリーなどでしめくくれば完壁です。

(続く)

サプリライター

>>>黒酢香醋比較口コミランキング


良質のお酢がなかった事実

kurozu

今でこそ黒酢を飲むと体にいい というのは常識となりつつありますが、このような黒酢健康法が話題になったのは比較的最近のことで1980年代ごろからです。

このきっかけをつくったのが純粋米酢でした。

当時巷にあふれていた合成酢を利用した食酢に警鐘を鳴らし、ほんもののお酢というべき、天然醸造の純粋米酢を自家生産したのです。

これは黒酢による血液の浄化作用に着目したものでした。

続いて、里山酢を利用した方々の体験を集めた純粋米酢の効用を刊行、さらには昭和大学の中山博士との共同研究により、そのすぐれた機能性を確かめたことで、黒酢は大きな反響を呼ぶことになりました。

古来より酢は体にいいということは言われてきましたが、それはほんものの酢を利用してはじめて言えることです。

まがいものの酢を飲んでも健康は望むべくもありません。

黒酢の復活は、まさにほんものの黒酢であったからこそ、今のような黒酢飲用ブームの火付け役になったのです。

その黒酢の飲み方でいちばんシンプルなのは、何といっても水割りです。

最初は盃一杯程度をお好みの濃さにして飲んでみるとよいでしょう。

とにかく少量でも続けることが大事です。

水割りでは飲みにくいという人は、甘味を加えたり、ジュースやソーダなどで割ったりするのも一つの方法です。

飲む量は1日に30cc~100cc程度、飲む時間帯は食事中や食後という人が多いようです。

(続く)

サプリライター

>>>黒酢香醋比較口コミランキング