黒酢の全て

サプリメント専門ライターがご案内します。 ahnenproducciones.com

大麦黒酢は遠赤焙煎も

kurozu

私たちの日常の食生活では「煮たり、焼いたり、」して食べるのがあたりまえになっています。

黒酢の場合も例外ではありませんが、いかに短時間で効率よく処理するかは、醸造の成否や栄養面でとても重要です。

栄養素をそのまま、完全な形で摂取しようとすれば「生で食べる」のが理想です。でも、現代の私たちはもはや野生動物のように「生で食べる」能力がありません。

その一方で、熱を加えることで素材のもつ栄養素を分解したり、かたちを変えたりして消化吸収を良くすることもできます。

また、味や香りが変化することも見逃せません。

玄米黒酢の場合は、蒸した玄米を麹にして、そのまま水とともに仕込みますが、大麦黒酢の場合は、蒸す前に玄麦を軽く炒ります。

炒るという方法は、素材の中に短時間で熱を通す優れた方法です。セラミックスの玉を焙煎装置に玄麦と共に一緒に入れます。

石焼き芋が敷き詰めた石から出る遠赤外線効果で美昧しいのと同様に、玄麦もセラミックスが放射する遠赤外線効果で中まで熱が浸透し、麹が繁殖しやすくなるととともに香りが豊かになります。

遠赤外線の力でやんわりと中心部まで熱が通った大麦は蒸されて仕込み壷へ。そして発酵への長い旅が始まるのです。

サプリライター



Comments are closed.