黒酢の全て

サプリメント専門ライターがご案内します。 ahnenproducciones.com

足湯と黒酢

kurozu

全身の入浴ではなく、足だけを温めるのが足湯です。

健康的なことはもちろんですが、気持ちよさや手軽さもあって、テレビ番組で紹介されたり、温泉地にも足湯コーナーが設けられるようになってきました。

実はこの足湯、黒酢を使っておこなうとグンと効果が高まります。

足湯で温まった血液は、足から心臓へ、そして全身へと循環して、全身が効率よく温まります。

また、温めるのは足だけですから、心臓に問題のある方や体力の低下している方にも心配はありません。

この気安さや安全性も、人気の理由のひとつでしょう。

さらに足湯は、のぼせ、高血圧、肩こり、不眠といった、頭や上半身の熱感をともなう症状にも効果を発揮します。

ひそんでいる足の冷えを改善することで、全身のバランスを整えることができるからです。

まさに足湯は、「頭寒足熱」の実践版というわけです。

また、高温短時間の足湯では発汗効果が、低温長時間の足湯ではリラックス効果(自律神経安定)や高い血流改善効果が期待できます。

夏場のクーラー病や足のほてり感も、根本は冷えや発汗不足が原因ですから、足湯で解消することができます。

この他にも黒酢の足湯には、さまざまなプラスアルファが期待できます。代表的なのは、黒酢の酸が皮膚の酸性を応援してくれることです。

健康な皮膚は弱酸性になっていますが、これは外敵である細菌などから身体を守るためのものです。

またアトピー性皮膚炎や水虫などの皮膚疾患では、患部は弱酸性ではなく、アルカリ性になって皮膚機能が損なわれているといわれています。

黒酢の酸は、このアルカリを中和し、感染症を防ぐ方向で働いてくれます。

何日か足湯を続けていると黒酢が濁ってきますが、これは黒酢の中のアミノ酸による浸透作用や、排せつ促進作用により、からだの中の汚れたもの、老廃物が排せつされている証です。

排せつがすめば、今まで以上にきれいな肌にもどります。

このようにみてくると、足湯は広く応用できる健康法ということができます。

足湯は、季節に関係なく1年中おこないたい、簡単でスタンダードな健康法です。

(続く)

サプリライター

>>>黒酢香醋比較口コミランキング



Comments are closed.