黒酢の全て

サプリメント専門ライターがご案内します。 ahnenproducciones.com

黒酢とJAS規格

kurozu

JASとは、日本農林規格といいます。ラベルに印刷されているJASマークをご存じの方も多いと思いますが、食品の品質表示基準と両方で、日本の全ての食品の管理を行なっています。

JASにおける最近の話題では、2001~02年に日本中を震指させた狂牛病問題や産地偽装の表示問題があげられるでしょう。マークのもつ安心感がゆらぐ事件でしたが、法律の不備が指摘されて、今、この法律が国民の健康をまもるために、ダイナミックに(構造的に)大きく変わろうとしているところです。

当然、お酢もこのJASと品質表示基準に規制されています。

最新のできごとでは黒酢の規格化がテーマとなっていて、JASでは米を使用したもののみが黒酢として認め、品質表示基準では米と麦の両方を黒酢と認めるという方向です。

品質表示基準の規定のポイントは、黒酢は米や大麦の使用量が酢1Lこつき180g以上あって、発酵や熟成によって褐色された酢であること。また、玄米酢だけでなく、大麦酢も黒酢の名称が使えることになったことです。

一括表示といってパッケージやラベルの四角い枠の中を見ていただくと、玄米黒酢ならば米黒酢、または大麦酢でいえば大麦果酢という表示がされていれば、それは新たに予定されている法律に対応した商品ということがいえます。

黒酢を製造している工場でも、JASの認定工場として再認可される動きが出てきています。

サプリライター



Comments are closed.