黒酢の全て

サプリメント専門ライターがご案内します。 ahnenproducciones.com

黒酢メーカー社員の体験談

kurozu

今朝、会社に行く車の中で黒酢の特集を耳にしました。

神戸のFM局で、どちらかと言えば若者向きの情報を流している番組です。

黒酢の健康効果、美容効果を紹介しながら、最近では玄米に加えて大麦の黒酢もあるようですと。

確か番組DJの女性は、私と同じくらいの年齢だったと思います。

そういえば私が大学時代にスタートしたFM局で、そのころは黒酢という言葉も一般的でなかった気がします。

大学時代には学校の行き帰りに黒酢(当時はライスビネガーという名前でした)の配達に行くこともしばしばで、卒業してから黒酢メーカーに入社しました。

当初は、黒酢と一般的な食酢との違いから説明しなければならなかったのです。

私が「黒酢というのはアミノ酸が多くて、体にもいいんですよ」。

お客さんは「アミノ酸って、昧の素か?」こんな会話が日常でした。

それが最近では黒酢=万能薬が常識になってきました。私も黒酢が一番の基本だと思い、お客さまからも黒酢を飲んで様々な症状を改善できたとの、嬉しいご連絡をいただくことも多くなりました。

ところが、私自身は黒酢が苦手だったのです。

自分の血液映像をLSA観察で初めて見たとき、自分の血液がドロドロネバネバだと知って、それから黒酢を欠かさす飲むようになりました。

最初は死ぬ気で飲んでいましたが、次第に慣れてきて、血液映像も改善されるにつれて肩こりもなくなっていたのです。

今ではスポーツをするときにも(運動中はとても薄くして)、黒酢を欠かさないようにすることで、筋肉疲労の回復も早いです。

これまで3回、工場で黒酢の醸造研修をさせてもらいました。

それまでは当然のように目の前にあった黒酢。

仕込みを体験してからは、精魂込めて真面目につくらなければ、加えて日々の研究と熟練した技がなければ、本当に良い黒酢をつくることができない事が身に染みました。

今までは「黒酢は体にいいですよ」だけでしたが、これからは「真面目につくった極上の黒酢ですよ」と、自信を持っておすすめできます。

(続く)

サプリライター

>>>黒酢香醋比較口コミランキング



Comments are closed.